スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

黒い制服のエトワール

CoM0 TrB0

週明けですね。
みなさんはテスト前の修羅場に黎明が見えてますか?
よこやまさんはですね…先行きが一番不透明なレポートを、一本残しています。
今日、日文得意の妄想力と切羽詰った気合で六千字のレポートを突貫工事しました。
基礎講読、3週間連続の発表と総計100ページのレジュメと、この六千字レポートを
とりあえず全てクリアしました。
それなのに、この先生の講義はAしかつかない。
A+は相当頑張って結果出さないとくれないらしい。
じゃ、よこやまさんの二度に及ぶ京大桂・日文研行きはなんだったの!?
ギリギリギリギリジンジンな日程だった年末の国会図書館行きは!?
連続徹夜の記録更新は!?眠気でひっくり返ったホール練は!?
ちっくしょー!!!



そして、どんなに頑張っても後期GPAが4以上ない気がしてきました。
悔しいっていうか情けないっていうかもう…このばか!!らくだいしろ!!

そう言えば、よこやまさんの高校には、西園寺みたいな制度がありました。

そもそも、西園寺って何よという人のために、よこやまさんが誤解と偏見に
満ちた説明を添えます。
よこやまさんが在学するR命館大学の学祖は西園寺公望らしい、です。
大学的には「慶応福沢、早稲田大熊、同志社新島、R命公望」とでも言われ
たいんでしょう。無理。
その西園寺公望に肖って名づけられた西園寺奨学金というのがあるんです。
各学部から規定数のみ選出され、優秀な成績(文学部ではGPA3.7以上。
リアルな数字)をおさめている品行方正なよい子だったらもらえる奨学金です。
あ、授与式では毎年、メディとメソネルコールがエールを歌います。それはいいか。

で、よこやまさんの高校にも似たようなのがありました。
学年の文理別トップ二人か三人×三学年で構成される、とってもわかりやすい
構造の、ナントカ特待かナントカ候補生という名前のものでした。名前は忘れた。
なんかもうその子たちは頭良いのですよ。
SKKRクラスに所属していたよこやまさんには、旧帝大優クラから選抜される彼らが
輝いて見えました。あれで学歴主義じゃないというなら、何が学歴主義なんだよ。
彼らは卒業式総代をはじめ、文化祭などのイベントなどでも代表を務めます。

うちの文化祭は、男子が高下駄袴の書生姿でデカンショ節というのをやるのです。
デカンショは「デカルト」「カント」「ショーペンハウエル」の略らしいですが、それだけ
では何のことか分りません。旧制中学時代、当代きってのナンバースクールだった
旧制第一高(今の東大)で歌われた変な歌らしいです。一応ナンバースクールの
マイ母校が、それを真似て戦前にはじめたようです。やっぱり卒業生にもよくわかり
ません。因習だと思います。
これの総代になれるのですよ、そのナントカ候補だかナントカ特待だかは。
デカンショには櫓にのぼってとっても古風な口上を述べる応援団長がいまして、
ナントカさんはその後ろでえらそうにするだけなのですが、カコイイのです。
女子も同じく、絣の着物に紅襷で民謡踊りをやりまする。こっちも最初に出てくる子
が、ナントカ(ryの子たち。
あと、体育祭の女子カドリールも、ナント(ryの子の桧舞台です。
カドリールは四人一組で踊る宮廷ダンスで、マイ母校ではこれを三年生が一年生に
教え伝えてゆく伝統ていうか因習がありました。一年生は入学したての昼休み、
突然三年生女子による全校放送で校庭に整列させられ、そこから一週間、自分と
組になった三年生のお姉さんに、この怪しい宮廷ダンスを仕込まれるわけです。
ペアのお姉さんと仲良くなって部活同じにしたり、学年間の交友を盛んにするのが
目的でしょうが、よこやまさんは不純な気持ちしかもてませんでした。
よこやまさんは男役だったので、女役の一年生の手を握っちゃいます。ワーイ。

そんなカドリールを、ナントカの子たちはそのナントカ同士で踊るんです。
一年生は入試の点数で決まるんだよね…分りやすいアパルトヘイトです。
でもカコイイ。
しかも、ナントカ同士のカッポーになってる人とかが多いわけです。特別くさい。
よこやまさんの目には、そいつらが山百合会とエトワールとシスターの連合みたい
に見えました(拾いにくいネタ)。なので凄くそのテのものに憧れるわけです。

それはいい。とにかく西園寺はすごい。マイフレンドの西園寺スゴイ!
あくしゅして!ついでにハグもしていい?あと、手以外にも触っていい?

そんなわけで、いまテスト中。
昨日は図書館で今年度聖指揮者や某ソプラノ国の前々頭首
に会いました。
前々頭首様は、その日がお茶の初釜だったらしく、着物でした。
漏れ「てっきりお見合いだと思いましたよ」
頭首「ハハハハh。ンな訳ねーだろう」
漏れ「写真!写真撮りましょうハァハァハァハァハァハァ!!!!まずは後姿から!!」
頭首「この子は…」
ヘンタイさんは頭首さまの後姿や斜前、正面、帯のアップなどを取りまくりました。
久々に女の子分を満たしました。
あぁ。よこやまさんもお茶を習いなおしたいなぁ。大昔、幼稚園の頃に習ってたけど、
お菓子だけのために耐える日々だった。ピアノの時間と並んで屈辱だった。

その後は、
北大に行っちゃうピアノ少女と哲学少女とお好み焼きで夕飯。
なぜかお好み焼き屋さんを二軒程はしごして大騒ぎしました。
そのまま、よこやまさんは哲学少女鶯姫のおうちに宿泊。
一部で有名な、あの小さな腐海はまだ部屋にありました。あと人参も元気でした。
彼女の家の食料を荒らし、お洋服とかお人形とかプラスチックの木の話とか、
あとはアレでナニな話をして満足。
鶯たんは昨日が誕生日で、よこやまさんは世界一早く彼女をお祝いしました。
おめでとうおめでとう。君はもう、は た ち だ 。
プレゼントはティーポットにしようかな、と小さな薬缶さんから注がれるお茶を飲み
ながら思いました。それかお茶の葉にしようかな。
鶯たん、紅茶と緑茶どっちがいい?(空気読まない私信)

朝は、三限がテストだという彼女に、かいがいしく朝ごはんの用意までさせる。
ボンヌママンのプレザーブスタイルは初めて食べたけど、やっぱり普通のコンフィ
より美味しかった!!ミルクグラスが廃盤になるし、買い置きするついでにいっぱい
色んなのを試そうと思う今日この頃。

その後はBKCに旅立った。JRで。
そのかいあって、六千字レポートの突貫ができた。奇跡。自分はネ申。


スポンサーサイト
日記は雑記。  2007.01.23
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://lt023052.blog83.fc2.com/tb.php/41-037117f6

プロフィール

よこやまさん。

Author:よこやまさん。
性別:女のひと
年齢:19歳13ヶ月に突入。
趣味:女子高生の制服を追求。
所属:日文専攻、合唱団ほか。
備考:香川を愛してやまない
大学生。でも今は京都暮らし。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。