スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

海を越えるというはなし

CoM0 TrB0

マイマザーは数学の先生です。
今年も三年生の担任だったから、明日で今年の担任クラスもほぼ終わりです。
センターって今週末だよね?その後は殆ど自習みたいだからさ。受験乙可憐。
完全自由登校に入る二月からは、四年ぶりのドイツ旅行だってさ。しかも三週。
むこうでの研修をかねてるとはいえ、羨ましいなぁ。
あっちの国の学校見学とかに行くらしいけど。シュタイナー教育だっけ?

でも私のドイツ語は、下の記事を見ていただいたら分るとおりの有様だしな。
日本人が向こうのまんまの外国語を学ぼうとするからいかんのだ!
シングリッシュを見習え!

はぁ。もう平叙文の格変化すら思い出せない。
主格の変化、魔法の言葉みたいにして覚えたのに。
ろーぜんめいでんとか読んだら思い出すんやろか。絶対ないか。だめじゃん。

だれかー。よこやまさんと三月にヨーロッパに行きませんか?
このままだとママンと二人旅になってしまう…大学生のうちにいっぱい旅して
おきたいのに、それがママンとだなんて夢無さ杉。
興味もってくれた人は、ケータイのアドレスにアタック。

今のところ、三月旅行の行き先はイタリアの予定です。
年末の制服仲間との食事会で名古屋の子に、彼女の友達紹介されてて、
その子が今、
フィレンツェでデザインの勉強してるのです。
あわよくばその子のところに会いにいきたい。
アパートの近所にミュウミュウとレペットの路面店があるらしいよ!!
あ、でも、行き先は別にイタリアじゃなくても構わないんで、行きたい人…。
二十万越さないプランにするので…誰か!!親の脛かじろう!?

個人的にはセーヌ川を見てみたいです。
イタリア行ったにしても、中日を使って見に行きたい。
手回しオルガンの老人がいたら、写真撮ってくる!
そういえば、「思い出すために」の舞台って、全部ヨーロッパだと思いません?
「セーヌ川岸の手回しオルガンの老人」、これは勿論フランス。
「青麦畑でかわした はじめてのくちづけ」、これは麦生産が盛んなイタリアか
スペイン辺りなんじゃないかと。「アムステルダムのホテル」は当然ながらオランダ。


寺山修司がこの詩を書いた時代はEUがまだECだったのかな?
今でこそユーロスターだの国際通貨だのと言われるけど、寺山修司のいた時代は
また違っただろう。ベルリンの壁の崩壊前、まだひんやりとした雰囲気の情勢の中、
二人でめぐったヨーロッパの旅。そんな感じなんでしょうね。
そんな時代、次にその国へいける確実な保障はない。
だからこそ「はじめての愛」が余計忘れがたく鮮烈だった。
神戸大学アポロンさんの定演パンフに、信長先生のインタビューが載ってて、
よこやまさんはそのインタビューの言葉に凄く納得しました。
初演団体は社会人のいる一般団だったので、学生の歌にはないノスタルジーや
郷愁みたいなものをこめて書いた、とか。そんな感じだったっけ?
アナログのこころにも熱く語った覚えがあるけど、まぁいいや。何度でも書く。

何にせよ、想像以上に「思い出すために」を好きになっていたよこやまさん。
フェアウェルコンサートとかで歌えたらいいなぁ。
それ言うんだったら、今は視唱の練習とダブルコーラスを乗り切る音感でも
磨いとけよって話か。ははは。ジョイントコンサートもKKRも楽しみです。
あ、みくしーの平林先生のファンクラブ入りたいです。入り方ようわからん。

本日三回目。
くだらない更新をし続けた。
レポートは一個終わった。
あと三つ。
明日はゼミ締め切り。
最終講義試験も二つある。
ハァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!

スポンサーサイト
日記は雑記。  2007.01.18
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://lt023052.blog83.fc2.com/tb.php/36-0a6aa1b1

プロフィール

よこやまさん。

Author:よこやまさん。
性別:女のひと
年齢:19歳13ヶ月に突入。
趣味:女子高生の制服を追求。
所属:日文専攻、合唱団ほか。
備考:香川を愛してやまない
大学生。でも今は京都暮らし。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。