スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

Hab' ein Lied auf den Lippen(定演1)

CoM0 TrB0

12月3日。
ついに訪れたその日。
年前から日取りが決まっていたという、我等が団にとって最も神聖なる日。
第四十三回定期演奏会。

にも関わらず。
その定期演奏会前夜、ノロウイルスへの怒りを吐き終わったよこやまさんが
眠りに落ちたのはおそらく四時ごろ。
胸部を内側から締め付けるようなえもいわれぬ痛みが、時間ごとに増していくのを
感じながらの眠りでした。

起きたのは枕もとの(五分早めてある)時計が七時をさした頃。
苦しくて目が覚めたと言った方が正しいような状況で、よこやまさんはその日の朝を
迎えてしまいました…。



前夜に荷造りを済ましてあった荷物を確かめ、冷蔵庫のヨーグルトで軽食を
取り、久しぶりに腕を通すスーツに装いを変え、いざ立ち上がり目指せ長岡
…という段になっても、頭に酸素と血液と栄養が十分に行ってない感じ。
ふらついてて、体が言うことききません。
時刻は間もなく9時半…。
もう家を出なければ間に合わない…でも動けない。
いまこの調子なら、演奏会が始まる頃にもっと悪くなるのは目に見えてる…。
ステージの上で死ぬのは結構だが、死に損なった時は演奏会をダメにされた
団員一同に殺される……それだけは!それだけは嫌だッ!!!
結局、日曜診療の病院を探し出し、診察を受けに行きました。

どくたー「点滴打っとくかい?」
わたくし「時間はどれほどかかりますか」
どくたー「一時間以上かなぁ…」
わたくし「(こンのヤブ医者が!!!)それはちょっと…」
どくたー「じゃ注射打っとく?」
わたくし「ぜひそれで」
どくたー「薬どうする?」
わたくし「お願いします」
どくたー「処方箋は書くけど、最寄薬局が今日ちょっとしまっててねぇ…」
わたくし「(…訴えてやるッ!!!!!!)じゃ、薬はもう構いません」
どくたー「下痢止めは市販品があるからそれ出すよ」
わたくし「それはどうも」

そんな感じ。
自分の自己管理の悪さと、薬のまずさと、長岡京の遠さにちょっと泣きました。
JR京都大阪線の中で。
よっぽど京都駅で降りて、このまま地元に逃げ帰ろうかと思いました。
長岡にたどり着いたのは…集合時刻など一つ下の地層になってしまった13時半。
意を決して降りた長岡の駅…一年ぶりだね、元気そうだね。
よこやまさんはこんなに体調悪いというのに。
そこからまた、ふらふら~ふらふら~と流氷の天使のような不気味な動きで
目指せ長岡京記念文化会館。

すみません。
ほんとは途中からタクシー乗っちゃいました。
で、ちょっと調子が戻ってきたのを良いことに、悪戯心で「領収書切ってください、
名前は●命館大学混声合唱団●ディックスです」と言ってみました。
運転手のおじさんは丁寧に領収書を書いてくれました。
勿論いたずらなので会計委員に提出はしませんが、一瞬だけ某県知事の公費
流用とか某都知事の血税旅行の気分を味わえました。いいものですよ。

そして、約束の時間から数時間の過ぎたホール前。
誰もいない。いないんだけど、たどり着けたことにちょっと安心。
構内に入ると、某アルトのお母さんキャラに出迎えられ、続いて女声の皆さんと
会いました。ごめんねごめんね、全部ノロウイルスのせい。嘘ですごめんなさい。
半分くらいはよこやまさんのせいでもありました。ほんと、お騒がせしてすみませ
んでした。

やっと練習に参加できたと思ったら、え…もう1、2ステージの通し練習終わった?
そうですか…。昼の発声もたった今終わった?そうですか…・。
わー、じゃあ練習はグローリアから?それは結構本気でグロいわ。
そういうわけでやっとよこやまさんは臨戦態勢に入れました…。

グローリアのパーカッションと松尾先生かっこいいわぁなどと思ううちに練習も
終了し、一旦楽屋に戻ります。
アルトの楽屋は様々な食べ物の匂いがこもっていました。さすがアルティたち。
でもまぁ、ソプラノだからってお花の匂いする訳じゃないしな。ていうか、もし
お花の匂いとかするんだったら、連中お花食ってんね、プッなどと一人妄想。

そんなしてるうちに女の子たちの顔の色塗りかわいくなるおまじないが始まり
ましたよ。よこやまさんもステージメイクしないとね…。
女声陣がメイクしてる姿って(一生懸命っていう意味で)かわいいんですが、
結構な人数が一堂にかいして
「この粉!これ使いな!眉毛なくならないから!」とか
「下地がない、マスカラが無い…!誰かッ!誰かかして!!」とか
「ステージからだとこれくらい濃くても大丈夫だよね!ね!」とか
「あッ……ぎゃあああ!眉失敗したァァァァ!!!!」とか
言ってる姿はどうなのよ。

ステージコートに着替えるのもなかなか大変。
四の五のしているうちに、話は変な方向へ。
イニシャルは特定の人をしめすものではありま   せん。

YK「YSはいいなぁ。胸あって」
YS「よくないよ。あっても困ることの方が多いもん」
MY「よく言った!YSよく言った!そうだよ!無いほうがいいよ!」
AO「なにぃっ!貴様ら、あ○るたちを侮辱したNA!無いと生きていけねーYO!」
MO「そうだよ!?あったほうがいいに決まってるよ!!」
AS「えー無いほうが便利そうだけどなぁ…」
演奏会の開演一時間前にして、何この流れ。

あ、長ったらしいけど2もあるのでどうぞ。


スポンサーサイト
日記は雑記。  2006.12.07
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://lt023052.blog83.fc2.com/tb.php/15-19043bed

プロフィール

よこやまさん。

Author:よこやまさん。
性別:女のひと
年齢:19歳13ヶ月に突入。
趣味:女子高生の制服を追求。
所属:日文専攻、合唱団ほか。
備考:香川を愛してやまない
大学生。でも今は京都暮らし。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。